【中国輸入】アリババとは?日本語変換での基本的な使い方を解説

どうもコッシーです!

前回は中国輸入ビジネスの主な仕入れ先のタオバオの使い方を紹介していきました。

【関連記事】

今回はタオバオと合わせて仕入れ先となるアリババの基本的な使い方を解説していきます。

アリババとは?

アリババの場合は会社相手へ取引をする(BtoB)オンラインショッピングサイトです。

その為、仕入れが出来る個数もタオバオと比べてある程度の個数をまとめて購入しないと販売していない店もあります。

100個以上からという店舗もあれば、1個からOKという店舗もありますが、アリババの魅力はある程度まとめて購入すると商品代金が購入ロット数で変動する点です。

テスト販売を実施するときはタオバオで買い付けてある程度個数がさばける商品を見つけられたら、

アリババで多めに購入して安くで仕入れるというのもありです。

独自ブランド商品なんかは個数をある程度買い付けておくと1個あたりの商品単価が抑えられますね!

アリババの使い方

アリババのTOP

まずはトップページの検索欄に中国語でキーワードを入力します。

 

今回は今後このワードでめちゃくちゃ検索することが予想される「コスプレ」を中国で翻訳して検索してみます。

ちなみにコスプレは「cos」でもヒットするので覚えておいて損はないですね!

コスプレの検索結果一覧を見てもらえたら分かるのですが、日本の漫画やアニメのコスプレグッズめちゃくちゃ販売されているんですよね!

アニメや漫画好きな人は是非検索してみてください!

ちなにみ検索結果一覧をみると赤枠で囲った子どものコスプレ衣装がやたら気になったので今回はこの商品ページを参考に使い方を説明していきます!笑

めっちゃ気になりませんか?

だって子供に全身赤い斑点模様がある服着せて、

さらにはマスクまで装備させているとか何のコスプレしてるんだよと一人この画像を見てツッコまざる得ない状況でした。

あっ僕だけでしたか!失礼しました。

商品ページは画像のような感じになります。

商品ページの見方をみていきますね!

 

①商品タイトル 

商品タイトルをコピーしてアリババやタオバオで検索して他のセラーが販売している商品と比較することができます。

②商品単価

今回の商品ページだと70、60、55と値段が3段階に分かれいるのが分かってもらえると思います。

※金額は全て元表記ですので注意してください。

そして、値段の下側に表示されている数字がその商品の最低買い付け個数を表しています。

70元の下を見ると「5-49件」と書いてありますが、この場合だと5個以上からでないとこの商品ページから購入することが出来ないという意味になります。

100個以上まとめて仕入れる場合は55元で購入できるようですね!

➂中国国内送料

僕の経験上アリババで買い付けを行った商品はたいてい国内送料が発生しているなと感じています。

今回の商品ページの場合なら快速便で15元という表記なのでそこまで高い訳ではないのが救いですね!

➃取引累計件数

商品の取引件数です。

⑤商品バリエーション

サイズ違いや色違いなどのバリエーションがここに表示されます。

 

タオバオ同様にアリババでもセラーごとに評価が付けられいるので赤枠で囲ったところを見ていきましょう!

ダイヤが3個ついています。

これって良いのか悪いのかという判断が最初のうちはつかないと思うので次にアリババの評価がどのような基準になっているのかを画像をみていきましょう!

 

こちらが画像になります。

スター→ダイヤ→クラウンの順に評価が高くなっています。

僕がアリババでの仕入れ対象とするのはダイヤ3個以上なので、今回のセラーはダイヤ3個だったのでここの商品ページから買い付けしても良いという判断ができます。

日本語へ変換はタオバオ同様にGoogleChromeを利用している人は右クリックで日本語翻訳できます。

結局この商品は何のコスプレだったかというと日本語翻訳してみると分かります。

どうやらテントウムシのコスプレだったみたいですね!

それにしてももっとテントウムシっぽい作りにしてもいいのではないかと思うのですが・・・

う~ん・・・センスが問われますね!

最後に

相乗り出品の場合は多くがタオバオで仕入れをする場合が多いと思いますが、アリババもある程度の個数を購入するとタオバオで購入するよりも安くで仕入れが出来る場合があります。

どちらで買い付けをした方がいいのかはあなたのリサーチした結果価格が少しでも安くで購入出来る方を選んだらいいです。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。