Amazon出品用アカウント作成方法!銀行口座登録まで解説

どうもコッシーです!

今回は中国輸入ビジネスの主な販路となるAmazonでの出品者用アカウント作成方法を解説していきます。

アカウント作成するときにどこから登録するんだろうか?と僕は少し探した経験がありますがあなたが登録の手順で迷わないように1から銀行口座登録までを紹介していきます。

Amazon出品者用アカウントを新規作成する前に準備しておく物

  • 電話番号
  • メールアドレス
  • クレジットカード
  • 銀行口座

一個づつ解説していくと、電話番号はアカウント作成の手続き中に電話での認証を求められるので固定回線でも携帯電話でもどちらでもいいので準備しておいてください。

次にメールアドレスはAmazonアカウントへのサインインがメールアドレスとパスワードで行われます。

ここでのメールアドレスはフリーメールアドレスで構わないので以前にご紹介したGmailもしくはyahooメールなどを作成しておくといいですね!

クレジットカードに関しては大口出品の月額の登録料金が4900円となっているので、不足分が登録されているクレジットカードに請求されます。

ここでのクレジットカード登録はデビットカードでも問題ないですのでもしまだクレジットカードの準備が出来てない場合は登録を終わらせちゃいましょう!

最後に銀行口座は売り上げ金を受け取るために必要なのであなたが持っている銀行口座を登録するようにしましょう!

【関連記事】

Googleアカウント新規作成とGmailアドレスの取得方法

Yahoo!アカウントの新規作成とメールアドレスの取得方法

入ビジネスに使用するおすすめのクレジットカードは?

デビットカードとは何?作り方やおすすめの1枚を紹介

輸入ビジネスに使用する銀行口座のおすすめは?

Amazon出品者用アカウントの作成

アカウント登録はどこからするのか?

上記でも述べたようにまずアカウント登録を行う画面に行きつくのに少し戸惑われる場合があるので画面を共有しながら確認していきましょう!

まずは検索エンジン(Google・yahoo!など)でアマゾンと検索してトップページを開きましょう!

トップページの上側にAmazonで売るという項目があるのでそこをクリックします。

無い場合は下側にアマゾンでビジネスのカテゴリー内Amazonで売るがあるのでそこをクリックしましょう!


 

出品用アカウント作成の手順を解説

大口出品と小口出品のいずれかで登録するように指示されますが、小口では色々と制限があったり、販売が成立する度に100円の成約料が発生します。

大口出品は月額4900円支払うことになりますが、販売が成立した際の成約料や出品カテゴリーの制限がないので月額料金を支払う以上にリターンが大きいです。

あななが本気でAmazon販売で稼いでいこうと思っているなら大口案件を強くおすすめします。

購入者用のアカウントを既にもっている人はサインインで問題ないですが、Amazonを使ったことが無いという人は初めて利用するを選択してサインインをクリックしてください。

次の画面に移動したら、各項目を入力してください。

※名前は本名でなくても大丈夫ですので何か入力するようにしてください。

次の画面では出品契約の画面になり「正式名称/販売業者名」を入力することになります。

個人事業で始める場合はあなた自身の本名を、法人の場合は屋号名を入力してください。

次に進むと出品者の情報を登録画面へと切り替わります。

  • 表示名(店舗名):Amazonのサイト上で表示されるあなたの店の名前になります。

これ決めるの結構僕は悩みましたが、あなたのお好きな言葉や会社を作った時にこんな屋号名にしたいなと思っている物を登録してもらえば結構です。

なかなか思い浮かばないという場合には、「〇〇本店」「〇〇屋」「〇〇 地名」 などを使ってみるといいですね!

店舗名は登録後も変更できるのであまり時間をかけ過ぎずにささっと登録しちゃいましょう!

  • 運営責任者名:事業責任者の氏名をフルネームで入力するようにしましょう!

次へと進むとクレジットカード情報の登録画面へと切り替わります。

入力が終わり次に進むと、電話による本人確認の実施へと移ります。

電話番号のところには先ほど「お問合せ先電話番号」で入力した物が入力されているはずですが、万が一入力されていない場合は電話を受けることが可能な番号を入力して「電話を受ける」をクリックしましょう!

音声ガイダンスで聞いた4桁の認証コードををダイヤルで入力か音声認識をさせて認証できたらその旨がガイダンスに流れます。

認証が終わるとパソコンの画面は電話確認完了となりますので続行をクリックして出品開始をクリックするとAmazon出品者用アカウントの登録は完了します。

これで無事アカウント作成は完了ですが、今回は銀行口座情報を登録するところまでがゴールなのでもう少しだけお付き合いくださいね!

特定商取引法に基づく表示義務

Amazon大口出品アカウントでは販売するうえで「特定商取引に基づく表示」が義務づけられています。

口座を登録する前に必ずこれも設定することを忘れずに行いましょう。

セラーセントラルのトップページ右上に「設定」の項目があるのでそこをクリックすると「情報・ポリシー」とあるのでそこをクリックします。

【特定商品取引法に基づく表記】

店舗名:
所在地:〒
電話番号:
Eメール:
代表者名:

【特定商品取引法に基づく表記】から代表者名までの上記の内容を入力して保存をクリックして設定完了となります。

銀行口座情報の登録方法

先ほどクリックしてもらった「設定」の次に「出品用アカウント情報」とあるのでそこをクリックします。

画面上に銀行口座情報とあるのでそこをクリックして「追加」もしくは「編集」をクリックして口座情報を入力すると口座情報は登録完了となります。

これで晴れてあなたがAmazonで商品が売れた際にでた売上金は登録した口座に入金されるようになります。

最後に

Amazon出品用アカウントが作成できたことで輸入ビジネスの販路が確保できました。

ここからあなたが見つけた商品をアマゾンでどんどん販売していき利益を拡大させていきましょう!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。