Amazon出品申請が必要なカテゴリー

どうもコッシーです!

今回はAmazonで販売を行う上で出品申請が必要なカテゴリーの申請方法を解説していきます。

僕はAmazon出品にあらかじめ申請が必要なカテゴリーがあるとは知らずに、かなり利益が出る商品を買い付けた後にAmazonでは売れないことを知り落胆した覚えがあります。

あなたはリサーチした商品を買い付けるあとに不良在庫となるようなことがないようにこの記事を読んで出品申請がまだの商品に関しては申請を行ってください。

 

具体的な申請手順を紹介していきます。

出品申請が必要なカテゴリーは?

・時計
・服&ファッション小物
・シューズ&バッグ
・ジュエリー
・ドラッグストア
・ビューティー
・食品&飲料
・ペット用品

 

出品申請のページはこちら

大口出品者のみが上記のカテゴリーを出品申請をすることが可能で、申請後認可が降りたら販売可能となります。

 

カテゴリーをクリックすると、次のような画面に切り替わりますので赤枠で囲ってある物を選択して続けるを教えてください。

 

商品はすべて新品ですか?

「はい」にチェックを入れてください。

商品に製品コード(JAN)がありますか?または製品コードが免除が許可されている商品ですか?

「商品に製品コード(JAN)があります」にチェックをいれてください。

販売するブランド名をすべて入力してください。

こちらは空欄でも問題ないですが、可能であればあなたのお店の名前やあなたが決めているブランド名を入力して進めてください。

並行輸入品ですか?

「いいえ」を選択して続けるをクリックします。

ここを「いいえ」にチェックしておくと後々、JANコードの無い商品や並行輸入品を取り扱う場合に再審査の必要がないので手順を省略できるので「いいえ」を選ぶようにしましょう!

 

続いてあなたが選択したカテゴリーのAmazon規約に沿った商品画像が表示されるので確認をしていきます。

 

画像確認後に、あなたが出品申請をしているカテゴリーのアップロードする画面へと切り替わりますのでAmazonの規約を満たす画像を選択して続けるをクリックします。

このような画面に切り替わりますのでEメールのみを入力して「申請内容の送信」をクリックします。

出品申請の送信を行うとAmazonから自動返信メールが届きます。

早ければ数分後には出品申請の認可が降りて以下の様なメールが届きます。

※時計やジュエリー、ドラッグストアなどの商品は審査基準が厳しくなっており、

卸売店からの請求書が必要だったり、出品したいカテゴリーの商品数をある程度購入しないといけないという点から申請は難しいので条件が優しくなった時を狙って申請をしてみましょう!

最後に

一部のカテゴリーは出品申請には厳しい条件がありますが、それ以外は容易に認可されますのでご安心ください。

ただ、Amazonの規約も年々厳しくなっているのでこの記事を読んだら速攻申請できる物に関しては申請するようにしてみてください。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。