中国輸入Amazon出品初心者がとる販売戦略を解説

どうもコッシーです!

今回は輸入ビジネス初心者がAmazonでの販路を活用したときに理想とする販売戦略を解説していきます。

僕もこの方法を教わり言われた通りに実践したらすぐに結果が出たので、実践して行く上での考え方や抑えておくべきポイントを紹介していきますので、理解した上で輸入ビジネスを開始していってもらえたらと思います。

中国輸入ビジネスAmazon販売で初心者が意識するべきポイント

抑えるべきポイントは最初のうちはあれやこれやと考えずに僕がお伝えする3点のポイントを意識してみてください。

  • Amazonで需要が高い中国製品を探し出す
  • 偏った商品買い付けを行わない
  • 最初のうちは利益を全部買い付け資金に回していく

 

難しいことは言いませんので、以上の3点だけを最初の内は意識してもらえたらと思います。

1個づつ何故この考え方が必要なのかを次に解説していきますね!

Amazonで需要が高い中国製品を探し出す

以前にも記事でお伝えしたのですが中国輸入ビジネスとAmazonの販路は自動化という面で非常に相性がいいです。

その為中国輸入実践者のほとんどの人がメインの販路をAmazonを選択されるのでここから売れ行きの良い(需要がある)商品を探し出すスキルを身に付けてほしいです。

Amazon販売の良いとところはリサーチの補助ツールも充実しているので、

「モノレート」等を活用して今この瞬間に売れている商品を見つけ出す力を養うことが必要です。

この力をつけることで、買い付けた商品が全く売れないということが無くなります。

 

データを読み解く力さえ最初のうちに付けておけば、別の販路(ヤフオク・メルカリ等)で物を売りたいといなった時も売れない商品を買い付けるリスクを減らすことができます。

 

また、実際に売れる商品を買い付けることによってAmazonに出品した商品が売れるという成功体験を得ることになりますので、あなたの中の売れるか不安というマインドブロックを外すことにもなります。

【関連記事】

偏った商品買い付けを行わない

これは商品が売れないというリスクを最小限に抑えるために扱う商品に偏りを持たせるのを避けてほしいからです。

僕はメンターの方に最初にリサーチ時に商品カテゴリーを偏らないようにしましょうとアドバイスを頂いていたので自分が出品可能なカテゴリーを全部リサーチ対象としていました。

扱う商品も僕が初めて月利10万達成した時の品数が約30種類ぐらいでしたので極端に少ないということは無かったと思います。

 

大切なのは買い付けた商品をすぐに現金化して資金を回転させていくことですので売れないということになるとその商品は不良在庫となり、キャッシュフローが悪くなっていきます。

その為にもリスクを最小限に抑える買い付けが必要です。

 

例を挙げて説明していきますね!

 

あなたの買い付け資金は10万円です。

 

商品Aを10万円分買い付けるよりも

商品A2万円、商品B2万円、商品C2万円、商品D2万円、商品E2万円と買い付ける方が、

販売できる商品の選択肢が増えるので、仮に商品Aの売れ行きが思わしくない場合でも残り商品の売り上げがカバーしてくれます。

 

どうしても商品を偏って大量に買い付けてしまうとリスクが高くなるので輸入ビジネス開始まもない場合は、複数の商品をバランスよく買い付けて販売していくことを意識していきましょう!

【関連記事】

最初のうちは利益を全部買い付け資金に回していく

輸入ビジネスをいざ始めるとなっても買い付け資金がなかなか無いという場合もあるかと思います。

最初は少額からスタートできるのが中国輸入ビジネスのメリットですので、そこを活かして最初は少額買い付けからスタートしていきそこで得られた利益を次の買い付け資金に回していきましょう!

輸入ビジネスに限らず物販ビジネスは最終的に大きな利益を出そうと思うとある程度の買い付けができる資金が必要となります。

 

その為、はじめのうちは利益が出ても買い付け資金に回してある程度安定した利益が出てきてからあなたの欲しい物や買い付け資金以外の自己投資などに充ててもらえたらと思います。

【関連記事】

最後に

中国輸入ビジネスを始めたばかりの初心者の方は是非今回紹介した3点のポイントを意識してもらいたいです。

僕はここのポイントを特に意識していき成果を挙げることが出来たのであなたも同じように最短で成果を出したいのであればこの考え方をインプット&アウトプットしていってくださいね!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。