中国輸入ビジネスで代行業者を利用するメリットを解説

どうもコッシーです!

今回は中国輸入ビジネスでタオバオやアリババなど中国ショッピングサイトから買い付けを代行業者を利用するメリットについて解説していきます。

僕も数ある物販ビジネスの中でも中国輸入ビジネスを選んだ一番理由は、この代行業者を利用することが出来るからというのが大きかったです。

中国輸入ビジネスを始めて行く上で輸入代行業者を何故おすすめなのかの理由を紹介していきますのであなたも代行業者を利用するか迷っているなら参考にしてみてください。

中国輸入ビジネスで代行業者を利用するメリット

仕入れからAmazonの倉庫まで納品が自動化可能

僕が一番魅力的だと感じたことはこれなんですよね!

副業で輸入ビジネスを始めたのでとにかく作業の時間が限られています。

そんな中、商品の買い付けを行い、自宅もしくは商品保管倉庫に届いたらラベルの貼り付けや梱包作業を行い、

そして配送会社に連絡を取り荷物の集荷をしてもらいAmazon倉庫に納品と、

代行業者を通さない場合は結構手間がかかります。

 

代行業者に買い付けの依頼した場合は、

  • ラベル貼り
  • 梱包作業
  • Amazonの倉庫への納品

これ等の手間がかかる作業を全部やってくれます。

 

この手間がかかる作業を任せることが可能なので、利益に直結するリサーチの時間を確保することが可能です。

 

サラリーマンとして働いている傍ら、副業をしていく作業時間の確保も出来るようになるので余裕が生まれます。

 

簡易検品の実施

僕も経験したことがありますが、買い付けた商品と全く違う商品を送ってくることがあります。

そんな時に代行業者を利用していたら、

商品ページとの違い(サイズ・色・破損)や購入数量の間違いがないかを確認してもらうことができます。

これによって国内に仕入れた後にお客様からクレームがくるということを避けることができます。

 

有料にはなりますが、

家電製品なら実際に動作するかどうかの通電検査

アパレルなら印刷ミス・ほつれ・シミ・汚れ・チャックの開閉などもチェックしてもらます。

 

仕入れ先との商品の価格交渉が可能

仕入れ先のお店と代行業者も同じ中国の方なので、

現地人同士で直接交渉できるので商品を安くで購入できる場合があります。

国際送料が安い

輸入代行業者はクーリエ(国際宅配便)を使用して商品を発送します。

輸入代行業者はクーリエ業者と特別単価で契約していることが多いので、

国際送料が個人輸入した時よりも安くなるという点が魅力です。

最後に

代行業者とはビジネスパートナーとして考えていくことが理想なので長くお付き合いが出来る会社を選ぶことをおすすめします。

代行業者を利用するのもポイントがあってその記事も別途紹介していきます。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。