日本への輸入禁止商品や規制商品の一覧

どうもコッシーです!

前回は覚えておきたい輸入ビジネスに関わりがある法律について解説していきました。

ポイントを抑えて初心者のうちはリサーチの対象にしないのが一番気が楽です。

【関連記事】

今回は、日本への輸入禁止商品と輸入規制商品について解説していきます。

法律も覚えておかないとダメですが、こっちの禁止商品を知らず知らずのうちに輸入してしまうと最悪の場合は処罰が科せられる場合も考えられます。

そうならない為にリスクを未然に防ぐために、日本国内に輸入してはダメな輸入禁止商品や少量ならOKという商品について理解を深めていきましょう!

日本への輸入禁止商品とは?

以下の商品は輸入が禁止されているのでしっかりとここを抑えておきましょう!

 

1、麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具

2、指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)

3、けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品

4、爆発物

5、火薬類

6、化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質

7、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等

8、貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)

9、公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品

10、児童ポルノ

11、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品

12、不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで、第10号又は第11号に掲げる行為を組成する

(注)

上記のほかに医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律、植物防疫法、家畜伝染病予防法などにおいても輸入が禁止されているものがあります。

また、違法ではないと称して販売されているハーブやアロマオイル、バスソルトなどの商品の中には、「麻薬」や「指定薬物」にあたり、輸入が禁止されているものがありますので、ご注意ください。

税関HPより引用

普通にしてたらほとんどの物が中国ショッピングサイトでは目にすることもないので大丈夫なのですが、中国特有とも言えるのがコピー商品の買い付けに注意ですね!

※コピー商品は11番の著作権だったり、商標権に関わってきます。

僕の経験上、中国のショッピングサイトで販売されている商品が日本国内のショッピングサイトで販売した時の価格差がかなりあるのでこれいけると思ってよーく見てみるとブランド物なんですよね!

価格差あるからいいじゃんと思うかもしれないですが、ブランド物は要注意です。

100%とは言わないですが、有名ブランド品はかなりの確率で偽物です。

僕はそれを教えてもらったので、ブランド物をリサーチは全くしなくなりました。

知り合いの話ではこれで、税関に停められて電話がかかってくるんですって!

「著作権元と戦いますか?」という具合に・・・

正規の物と証明できる物さえあればこの連絡を受けても「はい」と答えられるかもしれないですが中国から買い付け商品だと本物と証明することはかなり難しいと思います。

その電話があった場合で、正規の物と証明できないのであれば潔く破棄してもらいましょう!

有名アニメのグッズなんかもバンバン非公式で出回ってますが著作権侵害になるので怪しいと思った物は一度ビジネスで先を走っている先輩に相談するといいですね!

日本への輸入規制商品とは?

これは前回の法律のところでお話しした内容が輸入規制商品に該当します。

覚えていますか?

どんな法律があったのかを・・・・

 

先生覚えていません!!!

 

という声が返ってきそうなので、もう一度おさらいしておきます。

  • 食品衛生法
  • 薬事法
  • 電気用品安全法
  • 電波法
  • 消費生活用製品安全法
  • ワシントン条約

これらでしたよね!

あとは飛行機によく乗るということであるなら知っていると思いますが、液体や磁石、リチウム電池を使用した商品は航空便では輸送が不可なので船便での輸送を依頼するということになります。

輸入しても大丈夫かなと思う商品も今後は沢山出てくると思うのでその場合におすすめな問い合わせ先を紹介しておきます。

最後に

法律や禁止商品があるので、「輸入ビジネスってなんだかめんどくさそう」と感じるかもしれないですが、あなたがそう思うってことは他の大多数の人も同じことを思っています。

めんどくさいことを大多数の人よりも先にやるからこそお金が稼げるようになるので、輸入はまだまだ稼いでいけるビジネスモデルなのでチェレンジしていってほしいですね!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。