中国輸入の関税・消費税の計算方法を解説!

どうもコッシーです!

今回は中国輸入の買い付けの際に発生する関税や消費税の計算方法を解説していきます。

何かややこしそうと思うかもしれないですが、計算方法を知っておかないと正しい輸入経費の算出が出来ないのでここは是非とも覚えておいてほしい項目です。

中国輸入の関税・消費税の計算方法を解説!

関税とは?

「輸入品に関して課される税」のことを指します。

何故関税が課せられるのかはあなたはご存知ですか?

これがないと国内の事業が成り立たなくなるからです。

ん??

これだけ聞くと理解が難しいので、

こう考えてみましょう!

安い海外製品ばかりを日本の消費者が求めてしまうと、

国内で事業を展開している会社は全く成り立たなくなります。

 

海外からの輸入品にはカテゴリーごとに細かく関税率がも定められています。

輸入品は「関税」+「消費税」+「通関手数料」が徴収されます。

商業輸入と個人輸入

輸入ビジネスにおいて大きく分類すると、

「個人輸入」と「商業輸入」の2種類がありそれぞれ輸入関税の計算方法がことなります。

 

個人が使用する目的で海外から商品を輸入する場合は「個人輸入」

販売を目的とした輸入の場合は「商業輸入」となります。

 

これはあなたがどちらかかで決めれるという物ではなく税関での判断となります。

※輸入する商品の物量が極端に多くない限りは個人での輸入となる場合がほとんどですので、

関税の計算方法もその点を意識しておけば問題ありません。

個人輸入の関税計算方法

個人輸入時の関税計算方法

(商品代金+送料)×60%×関税率=課税額

※個人輸入の場合、商品代金と送料を合わせた物が10000円以下であれば免税扱いとなり関税は発生しません。

 

商業輸入の関税計算方法

【商業輸入の関税計算方法】

(商品代金+送料)×関税率=課税額

 

関税率っていくら?

 

関税の税率は「簡易税率」と「一般税率」とに分けれます。

課税価格の合計20万円以下の場合簡易税率が適用されます。

それぞれカテゴリーによって税率が変わりますので詳しい内容を確認したい場合は下記リンクから確認してみてください。

簡易税率

一般税率

消費税の計算方法

忘れてはいけないのが、輸入品には関税以外にも別途消費税も課税されます。

消費税の計算方法もそこまで難しくないので関税の計算方法と一緒に覚えておきましょう!

【消費税計算方法】

(商品代金+送料)×関税率×0.08=消費税

上記で計算した消費税×17/63=地方消費税

※消費税・地方消費税は100円以下は切り捨てとなります。

僕の例で関税&消費税の計算をやっていきましょうか!

大体1回の買い付けで20万円ほどですのでそれでみていきましょう。

  • 20万円×10%(関税率)=2万円(関税)
  • 20万円+2万円×0.08=17600円(消費税)
  • 17600円×17/63=4700円(地方消費税)
  • 20万円+2万円+17600円+4700円=242300円(最終経費)

関税と消費税の概算見積もり

※計算方法をお伝えはしましたが、僕の経験上完全に見積もり予測を立てることが難しいので

商品代金の10%で予測しておけばある程度は関税と消費税の見積もりをこの範囲内に落ち着くことがほとんどです。

商品リサーチ時に必要経費を計算した上で利益が残る商品を選択していきましょう!

関税と消費税の支払い方法

個人で海外から商品を輸入した場合の関税+消費税の支払い方法は3通り挙げられます。

 

  • 着払い
  • 銀行振り込み
  • クレジットカード決済

それぞれの支払い方法についても簡単に解説しておきますね!

着払い

一度中国の代行業者がどのように梱包しているのか気になって個人宅仕入れしたことあるんですよね!

宅配業者のスタッフさんが「関税と消費税○○円です。」と言ってくれるのでその額を支払います。

※ここで注意しておきたいのが、クレジットカードの引き落としに対応していないので現金を手元に用意しておく必要があります。

 

スタッフさんにクレカ対応してますか?と

聞いた時に対応していないと言われてかなり焦った経験があるので、

もしあなたが、個人宅配送を希望した場合は追跡番号で配送予定日を確認してある程度現金を手元に用意しておくようにしましょう!

銀行振り込み

海外から輸入した商品が日本に届きその後

関税と消費税の請求が届くので指定の銀行口座に振り込みます。

銀行振り込みでの支払いの場合、振り込み分の入金が確認できるまでは運送業者の配送が一時的にストップする場合があるので注意が必要です。

※代行業者によっては関税と消費税を先に建て替えて支払ってくれる業者もあります。

クレジットカード決済

カード決済希望の場合は各航空会社でその旨を伝える必要があります。

DHLとFEDEXを利用した場合はカード決済を出来るのですが、、OCSとEMSでは関税と消費税の支払いはカード決済非対応となっていますのでご注意ください。

最後に

輸入ビジネスをしていく上で関税と消費税の正確な輸入コストの見積もりができるように知識を身に付けておきましょう!

僕の場合はOCSを代行業者が使うことが多いので、銀行振り込みが多いです。

忘れたころに請求書が届きはっとするので、あなたはきをつけましょうね!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。