中国の覚えておきたい連休・祝祭日一覧!

どうもコッシーです!

中国輸入ビジネスプレイヤーなら覚えておかないと大変な目にあう中国の連休・祝祭日。

日本とは全く違い、連休に突入してしまうと物流はストップしてしまい、国内に商品が仕入れることが不可能となります。

この中国の連休を覚えておくことで計画的に仕入れが出来て機会損失を最小限に抑えることができるので是非覚えておきましょう!

中国の連休・祝祭日一覧

2017年度の中国の連休がいつになるのかみていきましょう!

  • 元旦:12月31日~1月2日 3連休
  • 春節(旧正月):1月27日~2月2日 7連休
  • 清明節:4月2日~4月4日 3連休
  • 労働節:4月29日~5月1日 3連休
  • 端午節:5月28日~5月30日 3連休
  • 中秋節:10月1日~10月8日 8連休
  • 国慶節:10月4日

中国の祝祭日・大型連休になる前に押さえておくこと

僕の例で言えば、僕は春節入る少し前ぐらいに中国輸入について勉強し始めました。

春節の連休は2月2日までとなっているのですが、実際代行業者が稼働する日などはこの日以降ではなく7日ぐらいから始動するところが多いなと感じました。

そして、春節明けは注文が殺到するので僕みたいな新入りは後回しにされて常連さんを優先で仕事を片付けていく印象でした。

実際に僕が春節入る前に発注をしておいた商品が届いているにも関わらず、データの反映が更新されていなかったのでしびれを切らした僕が担当者に問い合わせてみたところ届いていますね!という回答を買い付けしてから1ケ月後にもらったことがあります。

さすがにこれは怒鳴りつけたくなりましたが、我慢して冷静に代行業者に対応して縁を切りました!笑

 

このように大型連休明けはどうしても注文が殺到して新入りは後回しにされやすいのでそこのところを気をつけてほしいです。

 

また、僕は通常なら半月事に買い付けを代行業者にお願いしておくのですが、大型連休に入る前だけは40~50日分でさばける量を買い付けを行うようにしておきます。

これは先ほどからお伝えしているように、大型連休明けに代行業者は営業をし始めますが、通常の営業状態にもどるのに1ケ月弱はかかります。

このこともあり、大型連休明けは機会損失を生みやすいのでいつもよりも多めに連休に突入する前に買い付けを行うのが望ましいです。

 

僕の経験上、これが出来ている人はこの期間にかなり売り上げを伸ばせます。

何故なら、大型連休に突入前後で在庫切れを起こし1ケ月間ぐらい○○商品を売れないという状態の人と比べて、代行業者が落ち着いてから買い付けを行うぐらいの余裕を持たせて連休前に買い付けを行っているので機会損失の比率が全然違いますよね!

最後に

日本では大型連休だろうと、宅配会社は運休するなんてことはありませんよね!

でも、中国は問答無用で連休になると代行業者だろうと配送会社だろうと休みます。

日本人ってどれだけ真面目というか休みに対する概念が他の国と違うので日本も他国を見習ってほしいなと密やかに思いました。

余談でしたが、あなたの売り上げが減少しないように中国の大型連休や祝祭日には気をつけましょうね!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。