輸入ビジネスにおすすめなChromeの拡張機能一覧!

どうもコッシーです!

今回は、Amazon販売をメインとする場合におすすめなGoogleChromeの拡張機能を紹介していきます。

紹介する拡張機能を導入することで、作業効率は格段に上がるのであなたも取り入れて実践してみてください!

Amazon販売実践者におすすめChromeの拡張機能一覧

ショッピングリサーチャー

この拡張機能を取り入れることで実際に僕自身は商品リサーチの効率が格段とアップしました。

ショッピングリサーチャーの何が凄いかと言えば、

他のショッピングサイト、ヤフオク・楽天などの販売サイトの価格が比較できるので新規出品などの際に同一商品の価格の相場が分かります。

また、別記事で解説していきますが、モノレートやFBA料金シミュレーターのリンクも掲載されているのでそこを押すだけでASINコードの入力の手間が省けます。

数秒の時間短縮ですが、商品リサーチは何十と繰り返しみていきますので、塵も積もれば山となるいいますが1ケ月単位で見ていくと何時間単位で差が出てきますので是非取り入れて欲しい拡張機能の1個です!

【関連記事】

モノゾン

モノゾンはリサーチをした商品の月間販売数の目安を表示していくれます。

最初の頃僕はこの拡張機能の存在を知らなかったので、

一個一個モノレートのグラフから月間で何個売れそうだなというのを計算していました。

どれだけ非効率なことしていたかわかってもらえると思いますが、

この拡張機能を導入することでグラフから何個売れたかを目視することも無くなり最大で計算していた時と比べると大体5分ほど時短に成功しています。

これも別記事にて解説していきますが、買い付けの際の適正在庫の考え方にも大いに影響してくるところですのでこれも是非導入がまだの場合は取り入れてください。

【関連記事】

X-stock

X-stockはAmazonに出品しているセラーの在庫数や在庫変動数が簡単に分かる拡張機能となっています。

これまた僕の話になるのですが、

この拡張機能の存在を知らなかった参入当初は定点観測を毎日手計算していました。

どういうことかといったら、

自分がリサーチした商品が本当に売れるか不明な商品に関しては1週間ほど実際にカートに入れた物を100個とか数値を入れてそのセラーの在庫がどれぐらい変動しているかをチェックするという凄く地道な作業でした。

この拡張機能を知ってからは定点観測も時間をかけることなくグラフを見たらすぐに結果が分かるようになったので自分がリサーチした商品が本当に不安とうい人は定点観測する際に役立ててください!

【関連記事】

最後に

今回は僕が作業時間の大幅改善に健闘してくれたChromeの拡張機能を3個紹介していきました。

どれもAmazon販売の際にはかなり役に立つ機能ばかりなのでこの記事を読んだあとにすぐ導入してみてください。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。