根拠のない自信を持つことの大切さと自信を取り戻す方法

どうもコッシーです!

今回は根拠のない自信を持つことの大切さと自信を取り戻す方法について解説していきます。

成功者の共通しているマインドの1個にこの根拠のない自信という物があります。

自信には根拠のある自身と根拠のない自信とがありますが、どちらが日々の作業を取り組むにあたって持っておくと良いのかについても紹介していきます。

まずは、自信の作り方からみていきましょう!

自信を取り戻す方法!

自信とは読んで字のごとく

「自分を信じる」と書いて「自信」ですよね!

 

言わなくても分かってるわ!!と思われるかもしれないですが、

あなたはどれだけ自分のことを信じてあげられていますか?

 

ネットビジネスで成功するにはこの自信を持っていることも重要な要素です。

 

周りが凄い人ばっかりだったり、

望んだ成果を出せない状態が続けば自信を失うのは当然ですし自尊心が削られているとどんどんと物事を悪い方向に考えていきがちです。

 

僕が新卒で入社した時に勤めていた時の状態がまさに自信がなく最悪の状態が頭によぎってましたからね・・・

こうなった場合は、

自尊心を上げていく必要があります。

 

どうやったら自尊心を上げていくことができると思いますか?

 

答えは簡単

小さな成功体験を積み上げていくことです。

 

いやいや小さな成功体験って何だよ??となるかもしれないので次のことにチャレンジしてみてください。

 

今現在やり残していることを全部紙に書きだしてください!

  • 部屋の掃除
  • 仕事をやるスペースの整理
  • 不用品をヤフオクなどで売る etc

こんな感じでいいので、

どんな些細なことでも結構です。

やり残していることを簡単な順番に並び替えて簡単な物から実践していきましょう!

実践してやり終えたらマーカーで消していき、

実践したらその度に自分を褒めてあげてください。

何なら、プチご褒美を自分にあげてもいいですね!

 

これを繰り返していくと次第にやれば自分って出来る子なんだと脳が勝手に思うようになり次第に自信がついてきます。

 

この繰り返しで、なんでも行動すれば成果を出せると脳が勝手に思うようになれば根拠のない自信を持つこともできます。

根拠のある自信と根拠のない自信とで大切なのは?

もちろん根拠のある自信を持つことも大切ですが、

ネットビジネスで大きな成果を出したいと思っているなら根拠のない自信を持つことも非常に大切です。

 

自己啓発本でよく紹介されるのは、根拠のある自信を持ちましょうと紹介されているのですがそれだけでは弱いと僕は思っています。

 

根拠のある自信は簡単に壊れてしまう傾向にあるからです。

例えばあなたも経験はないでしょうか?

地区大会優勝のチームという肩書を持っているのですが、

目の前に全国大会優勝チームや世界大会優勝チームが現れたとたんに今までの培った自信がなくなる可能性があります。

 

一方で、根拠のない自信をもっている場合は勘違いる状態なので

勘違いから目覚めない限りは自信は維持されます。

 

僕のメンターとなっている先生方は常々仰るセリフがあり、

学生時代に甲子園や国立を目指すためにスポーツの強豪に入学してレギュラーを勝ち取ることよりも

ネットビジネスで月収100万円を稼ぐことの方が簡単と仰ります。

 

僕はまだネットビジネスでの収入が月収数十万レベルですが、

いずれ月収100万円以上を稼げる日もそう遠くないなと根拠のない自信を持っています。

 

あとは根拠のない自信を実現させるために成功者が作ってきた道を僕も乗っかり行動あるのみなので、

今は非常に毎日の作業が楽しくて仕方がない状態です。

 

根拠のない自信をもちまっとうに取り組みさえすれば実績が積み重なり根拠のある自信にもつながっていきます。

最後に

周りには痛い人と思われるかもしれないですが、

僕は勘違いは素晴らしいことだと思っていますし、成功できると信じています。

まずは、なんでもできると思い込むことが望んだ結果を得られるか得られないかと分かれていきますので、勘違いで結構なので自分は成功できると信じてあげましょう!

また、自尊心を取り戻すためにはやり残したことをどんどんと片づけていきましょう!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。