Amazonカスタマーサポートの電話番号は?利用方法を解説

どうもコッシーです!

今回はAmazon販売で困った時に問い合わせするカスタマーサポートの利用方法について解説していきます。

購入する側も販売する側も一帯どこから問い合わせたらいいのとなりませんか?

僕は最初かなり迷いました。

電話番号もどの番号だよと言いたくなるのを我慢して最初は必死に探していた覚えがあります。

Amazonの電話での問い合わせはどのようにしたらいいのかをみていきましょう!

Amazonカスタマーサポートの利用方法を解説!

問い合わせの手順

「セラーフォーラム」を開き右上の「ヘルプ」もしくは画面下部にある「サポートを受ける」の項目をクリックします。

 

すると次のようなポップアップが表示されますので、ヘルプから進んだ場合は「お問合せ」の項目をクリックします。

トピックを選択してくださいとあるのでどれでも結構です。

画面上にあるトピックをクリックすると「他にもご質問がありますか?」お問合せページにアクセスします。とリンクになっていますのでそちらをクリックします。

 

するとお困りの内容を選択し説明してくださいという画面になります。

あなたの悩んでいる問題と近い物を選んで「Eメール」「電話」「チャット」の3択の中から選択してカスタマーサポートの人とのやり取りとなります。

個人的には電話でのやりとりが一番早いので電話をおすすめします。

Eメールの場合

件名にあなたの悩みがどのようなことかを分かりやすく伝えることが必要ですのでデフォルトの文書を削除して書き換えてみると良いですね!

質問内容の項目では、5W1Hで現状を伝えてみると伝わりやすいのでおすすめです。

また、現状がどのような状態かを知ってもらうために問題点の画像をキャプチャーしておきそれをメールに添付するのも効果的です。

例)

  • どのような問題が現状起こっているのか?
  • いつ頃から現象は発生したか?
  • 何か原因となることは?

これらを考慮して現状を伝えてみるといいですね!

よりあなたの問題に適した回答を返答してもらいやすくなります。

ダメ例としては

今こうなっています。

早急に直してください。

 

こう言いたくなる気持ち非常に分かります。ただ、カスタマーサポートの人も毎日いろいろな案件の対応に追われているので、出来だけ解決策を提示してもらえるように現状を伝える努力をする必要があります。

 

メールだと返信に時間がかかる場合があるので電話での問い合わせ時間が終わっている場合に仕方ないという場合に利用してみるといいです。

 

電話の場合

問い合わせ先の電話番号は何番なんだとようやく分かるかと思えば、自分の番号を指定の場所に入力したらAmazonは折り返ししてくれるという方針をとっています。

+81とついていますが、国際電話の際に用いられる「国番号」が表記されているだけなので普段通りあなたの固定電話もしくは携帯電話の番号を頭の「0」を抜いて入力しましょう!

「すぐに電話を受ける」をクリックしたらすぐにAmazonのカスタマーサポートから電話がかかってきます。

スタッフから最初の冒頭にあなたの店の名前と銀行口座の下4桁を聞かれますのですぐに答えられるように準備しておきましょう!

問い合わせ時間:平日月から金 9:00から18:00までとなっています。

基本的にはすぐに対応してほしいので、電話を僕はかけるようにしています。

一度そこまで早急に対応が必要ではない案件で不具合が発生したので、メールで問い合わせしたのですが、返答で頂いた解決策を試しても状態は変わらずだったので電話で問い合わせしたら速攻改善しました。

早急に対応が必要な物は出来る限り電話を頼った方がいいです。

チャットの場合

あなたの店の名前を入力して「今すぐチャットする」をクリックします。

僕は電話ばっかりなのでチャット利用をしたことがないのですが、利用した人の話を聞くとこちらもなかなかレスポンスが早いので話すのが苦手という人はチャットで相談してみるといいです。

最後に

Amazonって結構な頻度で規約を変更しています。

そのたびに情報が更新されるので、これってどうなんだということが結構出てきます。

そういった場合やこれってAmazon的にはNGなのかなと確認したいことなどがあれば積極的に活用してみることをおすすめします。

納品された商品が何日経っても出品停止状態のままで受領されていないというトラブルも多いので、そのような場合はすぐに相談しましょう!

あなたの売り上げに大きくかかわってくることなので真剣に考えましょうね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。