デビットカードとは何?作り方やおすすめの1枚を紹介

どうもコッシーです!

今回はデビットカードについて解説していきます。

クレジットカードの申請が通らないという人はデビットカードを持つことをおすすめします。

そうは言ってもクレジットカードとデビットカードの違いとは何なの?と思ったことありませんか?僕は最初提供するカード会社によって呼び方が違うだけかなと思っていたのですがそうではないんですよ!

まずはデビットカードとクレジットカードの違いを解説していき、作り方やあなたのおすすめの1枚となるカードを紹介していきます。

デビットカードとは何?

クレジットカードとデビットカードの違いを簡単に説明すると利用限度額がカード会社に決められているかそうでないかです。

デビットカードは銀行の口座残高分までが利用範囲となりますので、あなたの預金残高が仮に100万とすると月に100万まで使えます。

クレジットカードのようについつい使い過ぎたなんてことがないので安心して買い物ができます。

支払い回数は分割はなく1回のみのとなり、支払いのタイミングは銀行から即時引き落としとなるのでクレジットカードのように支払日にまとめて請求されるということはありません。

こんな人にはおすすめ

現金主義の人で頻繁にATMでお金をおろして手数料を沢山とられているという人はカードを持ちたくない気持ちは分かりますが、手数料を払うことを考えるとデビットカードを持った方が手数料分はお得になりますよ!

また、ATMを探す時間もなくなるので時間を有効活用できるようになります。

デビットカードの作り方

デビットカードを作る際に必要となってくるのがカードを発行したい銀行の口座が必要となります。

作りたいデビットカードの銀行口座を持っていない場合は口座開設と同時に作成が可能となっています。

あなたも経験ないですか?

銀行口座を作った時にデビットカードを一緒に作りませんかとスタッフさんに声をかけられたこと?

最近はメガバンク以外にも地方の銀行でもデビットカードが発行できるようになっているのであなたが利用している銀行で発行できるかも確認してみるといいですね!

銀行名 デビットカードと検索してみると作成可能かそうでないかの判断も出来るの試してみてください。

デビットカードおすすめの1枚は?

Sony Bank WALLET(VISA

  • 年会費無料
  • ポイント還元率0.5~2.0%
  • ショッピング保険
  • 不正利用補償

ソニーの特徴は申請なしで現金キャッシュバックを翌月に自動で行ってくれる点や補償が手厚いのが魅力です。

楽天銀行デビットカード(JCB)

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1%
  • 盗難補償

数あるデビットカードの中でもポイント還元率が高いのが魅力です。

最後に

最近のニュースで2018年4月以降にデビットカードでレジから現金を引き落とせるキャッシュアウトサービスを開始すると発表されました。

J-Debitのみの対応ということですが今後はJCBやVisaでもこの施策を取り入れたら今後現金主義の人でもデビットカードを持ち歩く人が多くなりそうな予感はします。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。