FBA倉庫の固定化をした方がいい理由を解説

どうもコッシーです!

今回はFBA利用時にAmazonに商品を納品する倉庫の固定化をした方がいい理由について解説をしていきます。

納品プランを作成する時にも少し画像を紹介しましたが、全国各地に倉庫があるのでその中でもどこに納品した方がいいのかのおすすめの場所も紹介していきます。

FBA倉庫の固定化をした方がいい理由

率直に言うと国際送料を少しでも安くに抑える為です。

上記の画像からも分かるようにファッション関連の商品以外は荷物の大きさが大型とそれ以外とで配送先が変わってきます。

あなたがリサーチした商品を実際に買い付けを行った後にFBA倉庫の固定化をしていないと大きさ事に配送先が違うので配送料が高くなります。

 

FBA倉庫の固定化する場所はどこがいいのかとここで疑問に思うかもしれませんが、よーく見てみてください。

ファッション関連以外で大型にも小型や標準にも対応している倉庫が1ケ所だけありますよね!

そう鳥栖です。

出来る限り鳥栖をFBA倉庫の固定先としておすすめします。

※あなたが利用する代行業者によっては一度国内に仕入れてそこからAmazonの倉庫に納品するということを行う会社もあるのでその場合は代行業者の国内倉庫の近くに固定するといいですね!

FBA倉庫の固定化申請方法

下記のリンクから申請手続きをお願いします。

FBA納品先指定のリクエストフォーム

画面が表示されたら、セラーセントラルのログインに使用しているEメールアドレスを入力してください。

次の画面でのそれぞれの選択項目を以下にチェックをつけるようにしましょう!

申請の種類を選択してください。

「新規でのFC指定」

FC指定を希望する理由

「チャーター便の契約や、輸入をしているため、契約上配送先を変えられない」

小型・標準サイズ商品の納品先(ファッション・可燃性危険物など以外)*

ここは先ほど紹介したように「鳥栖」がおすすめですが、代行業者によって国内倉庫に一度仕入れてからAmazonの倉庫に納品する場合は代行業者の国内倉庫から近い場所を選びましょう!

また直接仕入れている場合はあなたの自宅から近い場所を選択するのもおすすめです。

大型サイズ商品の納品先(ファッション・可燃性危険物など以外)*

小型・標準サイズと同じ理由です。

 

以上にチェックを入れて完了をクリックして申請は終了となります。

申請してから認可が降りるまで約半月ほどかかりますので、余裕をもって申請しておくことをおすすめします。

最後に

僕は最初はFBA倉庫の固定化を行っていなかったので、商品の納品先がサイズによって異なっていたこともあり最初の輸入経費が若干高くついたことがあります。

少しでも利益額を増やすためにはこういった小さなことの積み重ねだと思うので、この記事を読み終わったらすぐに申請手続きをしておきましょう!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。