弱虫ペダル巻島先輩から学ぶ壁にぶち当たったときの考え方

どうもコッシーです!

今回は壁にぶち当たったときの考え方について解説していきます。

僕の中でマインドのバイブル的な位置づけになりつつある「弱虫ペダル」から様々なビジネス的思考を学べるのですが、

その中でもあなたが実践していることで目の前の壁をどのようにして立ち向かっていくのかについて紹介していきますので参考にしてもらえたらと思います。

壁にぶち当たった時の物事の考え方

僕もネットビジネスをやっていく上で中々上手くいかないなということは多々ありました。

中国輸入ビジネスでは教えてもらいながらやっていったのでそこまで壁にぶち当たったと感じることはなかったですが、

ブログをほとんど独学でやっていたので稼げるまでに時間がかかり、

思うように稼げないという時期があり悩んだこともありました。

 

ただそういった時期って少なからず皆が通っている道だと思うんですよね!

 

その時に僕は諦めるという選択はしなかったのですが、

壁にぶち当たった時こそガッツポーズをします。

そして、壁を乗り越えられる方法を探しながらそれを1個づつ試していった結果時間はかかりましたがブログで月収10万円を稼ぐことが出来るようになりました。

また、自分で躓く場所が分かるので妻にはそう言った所をアドバイスして妻にも稼いでもらうことができました。

壁が目の前に訪れたのなら成長出来るチャンス!

壁が目の前にやってくるということはあなたが成長できるチャンスが訪れていると思ってください。

あなたが、素直に行動をしているからこそうまくいかないことがやってくるのです。

 

ほとんどの人は成長の機会が訪れた場合その壁を乗り越えようとはせずに、

途中で諦めてしまいます。

 

これって非常に勿体ないと思いませんか?

 

成長出来る機会を自ら放棄しているのですから。

 

成長する機会を放棄するとそれが自分の中で学習されてしまい負け癖がついてしまいます。

別のノウハウを実践しても同じように壁が目の前にやってきた場合に諦めてしまうという選択を次第に取るようになるので、

別の記事でもお伝えした1個のノウハウをある程度の成果をだすまではやり続けるという選択肢以外ないのです。

 

壁があなたの目の前に立ちふさがるのは上手くいかない方法を見つけただけで落ち込む必要は全くないです。

肝心なのはどのようにしてその目の前の壁を乗り越えるかです。

 

もしあなたがメンターから学びを得ているのであれば壁にぶちあった時にその乗り越え方を聞いてみましょう!

きっと同じような経験をしているので、的確なアドバイスをしてくれると思います。

弱虫ペダル巻島先輩の名言

小野田よ。得意なもんが一つだけあって、そいつにフタされたらどうする?

待つ?逃げる?迂回する?

突破するっきゃないっショ!

弱虫ペダルの無料立ち読みはこちら

 

この言葉を思い出した主人公の坂道君はライバル箱根学園を突破する相手と自分を鼓舞して同じ学校の仲間たちにその思いが伝染していきます。

 

結局のところあなたが望む結果を出す為には壁を突破しないと成果はでません。

 

意思さえあれば壁は乗り越えられるのですが、

壁を乗り越えられる人は意外に少ないので壁さえ乗り越えてしまえば、

その他大勢から抜きんでることができます。

 

その他大勢の中にいるといつまでたって成果を出すことは難しいので、

その他大勢の集団から抜き出てこそ望んだ結果を手に入れることができます。

 

弱虫ペダルの場合なら、箱学が絶対王者と言われているので箱学に勝ってやるぞという学校って少ないのですが、

主人公が通う学校の仲間たちは打倒箱学を誓い見事箱学を破り総合優勝の栄光を手にします。

 

壁は乗り越えられない物ではなく、

あなたの意思さえあれば乗り越えることは可能な物ですのであなたは勝ち癖を学習できるように諦める選択肢を作らないようにしていきましょう!

最後に

壁が目の前にやってきたらガッツポーズをしてこう思いましょう!

やった!やっと自分も成長できる機会がやってきたのだ!」と

 

そして、あれやこれやと考えても仕方がないので突破するしかないです。

上手くいかない方法を見つけたラッキーと思い、

色々な上手くいくあなただけのパターンを見つけていきましょう!

もし、メンターがいるなら相談してみましょう!

 

壁を突破すると勝ち癖が付き、

別のノウハウを実践しても同じように壁の乗り越えることが出来るようになっていきます。

あなたは勝ち続ける人になっていてください!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。