日本語から中国語に翻訳する際のポイントを解説!

どうもコッシーです!

今回は中国輸入ビジネスのリサーチに重要な日本語から中国語への翻訳する際のポイントを紹介していきます。

この翻訳の仕方をマスターすると驚くほどAmazonから中国製品を見つけ出すことが可能ですので、ポイントを押さえて実践してみてください。

日本語から中国語に翻訳するポイント

僕が良くやる方法を紹介します。

  • Amazonの商品ページの商品名のキーワードを見つける
  • 商品ページの詳細欄に記載がある色や大きさ、男性用、女性用などの情報をキーワードに入れてみる

 

言葉にしてしまえば簡単なのですが、以上の2点を意識するようにしています。

具体例を出していき日本語から中国語への翻訳のポイントをみてみいきましょう!

中国語への翻訳の手順

まずは商品名のキーワードをそのまま調べて見つかるパターンをみていきます。

今回はこの商品を見ていきましょう!

どこかで見覚えがある商品ですがそんなのは気にせずに翻訳の練習をしていきます。

さてあなたに問題です。

この商品を中国語に翻訳する時にあなたならどのキーワードを抽出しますか?

20秒考えてみてください!

 

 

・・・・・・

 

 

 

・・・・・

 

 

・・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

はい!終了!!

 

答えは出ましたか?最初から正解を導きだせなくても問題ないです。

ただ考える癖を常にしておくと輸入ビジネスに関わらず他のビジネスでも役に立つので思考停止しないようにだけしていきましょう!

 

ちなみに僕なら「糖度計」と「温度自動補正」この2個で中国語に翻訳してみます。

さぁ結果はどうでしょうか?

試しにタオバオで検索してみましょう!

結果は見ての通り、Amazonと同じ商品が見つかりました。

画像は少し違いますが、よーく見ると同じ商品なのでこんな感じでキーワード抽出して中国語に翻訳してみましょう!

 

次は商品ページの詳細からキーワードを拾ってきて探す方法をみていきましょう!

この商品ページを見ていきましょう!

詳細欄を見るとこのカメラケースはソニーのRX100というカメラ専用の入れ物と書いてありますのでそれをキーワードにしてみましょう!

「カメラケース」「 Sony RX100」を翻訳してみます。

はいこのように詳細欄に記入されている情報をヒントに商品に行きつくことが出来るので、是非こんな感じでキーワードを抽出してみて中国語翻訳をしてみてください。

最後に

あとはキーワードの順番を変えて翻訳してみるのも有効な手段ですのでそちらも覚えておくとリサーチした商品が中国ショッピングサイトで見つかる可能性が高くなります。

1回で見つからなくても、キーワードを色々変えてみてリサーチしていくことを気をつけみてください。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。