本当の失敗の意味を知らないあなたへ

どうもコッシーです!

今回は失敗の意味について解説していきます。

よく当たり前のように周りが失敗と、事あるごとに言いますが、

果たしてそれが失敗なのかどうかを考えていきましょう!

本当の失敗を意味する境界線はどこ?

辞書的な意味で言うなら次のような回答になります。

方法がまずかったり情勢が悪かったりで、目的が達せられないこと。

 

僕が失敗とする定義は辞書的な意味とは違うのでそこから説明していきます。

 

失敗とは今現在あなたが取り組んでいることを諦めてしまうことです。

 

よく周りが言う失敗とはうまくいかない方法にぶち当たった場合に失敗と使いますが、

これはあなたが望んだこととは違う結果を得られただけですので失敗ではありません。

 

 

ここを良く勘違いされる人が多いですが、

 

行動したことで得られるのは、結果のみです。

 

失敗か成功かではなく、

望んだ結果が得られたのか、そうでないのかだけですのでここを覚えておいてください。

 

 

ではどこからが失敗ととらえるのかですが、

あなたが仮にネットビジネスの何かしらのノウハウを実践して稼げないから他のノウハウに目移りして新しいことを始めてしまうという場合は失敗です。

 

成功者の方たちは順調に稼いでいると思われがちですが実は、

僕たちには見せないだけで人知れずうまくいかない方法を沢山経験していてそれを乗り越えて今現在に至っています。

 

望んだ結果を得るためには沢山の試行回数をこなしているのでそこのところを覚えておいてください。

 

発明王で知られているエジソン氏は発明の最中に従業員も逃げ出すほどのアクシデントも多々ある中で、

1000以上の発明を行ったと言われています。

 

凄い発明を世の中に発表した際に、

きっとインタビューで記者が何度も失敗という言葉を使って回答を得ようとしていたんでしょうね

 

エジソン氏の名言からも一般的な失敗と言われることを次のような捉え方をしています。

 

失敗したわけではない。

それを誤りだと言ってはいけない。

勉強したのだと言いたまえ。

 

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。

 

こんな名言も残しています。

私たちの最大の弱点は諦めることにある。

成功するのに最も確実な方法は、

常にもう一回だけ試してみることだ。

 

要するに、諦めずにうまくいく結果を出せるまで手を止めることをしなければ望んだ結果を得ることが出来るということです。

 

僕も含めて人間の弱さは上手くいかないことが続くとそこで諦めてしまうことにありますが、

出来ないことを出来るようになるまで続けることでその他大勢から抜き出ることが出来ます。

 

出来ないことが出来るようになって初めて成果が出はじめますので、

あなたが実践するノウハウを最低でも3ケ月は圧倒的な作業量をこなしていきさえすれば結果に結びつきます。

最後に

今回は本当の失敗の意味についてお伝えしてきました。

エジソン氏に習って、望んだ結果を得られるまでもう1回試してみようという心がけでノウハウを実践してみてください。

 

うまくいかないことが続いても同じことを繰り返さなければゴールまでは着実に近づいています。

PDCAを回していきながら日々の作業に取り組んでみてください。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。