PDCAサイクルを回すことの大切さ!

どうもコッシーです!

今回はPDCAサイクルを回すことの大切さを解説していきます。

ビジネス面だけではなく、日常生活でも意外にこれを使っているという場面はあると思いますが、

PDCAサイクルを早く回していくことであなたの取り組んでいることが早くに結果を出せるようになっていくので

是非理解を深めていき常々この考え方を実践しっていってみてください。

PDCAサイクルとは?

4個の頭文字から作られた言葉です。

  • plan:計画
  • do:行動
  • check:評価
  • act:改善

この4個をサイクルとして繰り返し試行を行っていくことでより良い結果を得ることができます。

 

計画は、5W1Hを意識してみると計画を立てやすいです。

例)

誰と、何を、いつまでにどこでするかなど

 

行動は、数値を用いて行動していくといいですね!

 

評価は、計画にずれがないかの確認作業となるので、望んだ結果を得られているかそうでないかを定期的に数値を使って計測していきましょう!

 

改善は、結果にずれがあった場合は修正を行っていき、再度計画の見直しを行っていきます。

 

ビジネスでのPDCAサイクル

僕が実際に中国輸入ビジネスに取り掛かったときに初期の計画を立てた一連のサイクルを例にみていきましょう!

計画:4月中に月利10万円達成する為に、3月下旬までにAmazonの倉庫に利益額の総額が10万円を越える商品の納品を行う。

実行:ゴールから逆算をして日々の作業ベースを作ります。

3ケ月で月利10万円を達成する目標を掲げていましたので、3日で1個5000円の利益が出る商品を見つけるようにしていく。

評価:ゴールまでに目標の数字と今現在の見つけた商品のストックの利益額との差を確認する。

改善:商品が中々見つからないなら、リサーチの精度を上げるためにもう一度マニュアルを読み直す。

利益額が足りないなら、リサーチの時間を増やすなどなど

今自分が出来ていないことを見直して、そこを改善して計画を見直していきます。

 

PDCAサイクルを回すコツ

  • 計画は具体的にする
  • 定期的にチェックする
  • 数値を用いて記録する

以上の3点を注意していくとサイクルを上手く回せていけるようになります。

 

計画は出来るだけ具体的に期間や数字を入れるようにしましょう!

僕の場合なら、

4月中に月利10万円達する

 

計画の進捗を1日、1週間、1ケ月ベースで確認していってみてください。

定期的に計画を見直すことで軌道修正も行えます。

 

数値を使って記録しておきましょう!

良かった点や改善するべき点が明確になるので、記録をするのは大切です。

最後に

ダイエットや、試験勉強などあなたが今現在実践していることをPDCAに当てはめてぐるぐる回せていけば最初は上手くできていないことでも自然と出来るようになっていきます。

大切なのは初めから完璧にこなすことではなく、

同じ過ちを犯さないようにして望む結果を得る為に試行を重ねていくことです。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。