商標権とは?Amazon出品で侵害した場合の事例や検索方法を解説

どうもコッシーです!

今回は商品を買い付けてAmazonで出品する場合に注意しておきたい「商標権」について紹介していきます。

この内容は少しやっかいで知らなかったでは済まされない問題ですのでこの記事で簡単にでいいので理解をしていってもらえたらと思います。

出来るだけ例を用いて分かりやすく解説していきますので、目を背けずに知識をインプットしていってください。

商標権とは?

簡単に商標権を説明すると、

事業者が自社の取り扱う商品やサービスを他社のもとと区別する「マーク」や「名前」に使用できる権利のことです。

商標権にもいろいろとありまして、これは例を挙げてみていった方がいいですね!

文字商標

Sonyやコカ・コーラ・カローラなどと言ったサービス名や商品名、企業名などがこれに該当します。

図形商標

クロネコヤマトの宅急便のネコのマークがこれに該当します。イラストやロゴなどが対象となっているのでここは中国輸入ビジネスを行っていく上で特に注意が必要です。

 

ほかにもいろいろとあるのですが、僕の経験上商標権で覚えておくと便利なのは文字と図形かなと思うので他の物は割愛しておきます。

 

そもそも商標権が持つ力とはどんな物なのかもわかりやすく解説していきますね!

 

あなたにはお気に入りのお店だったり、普段から愛用している日常消耗品などがあると思います。

それらはブランド名やロゴがあるからその商品をあなたは手にとると思います。

もしCMや広告であなたが愛用している商品の新商品が出たら購入したいと思うかもしれません。

そうなった時に、いざお店に行ってまず探すのがブランド名や商品のロゴをお店で探しますよね。

 

これが、ブランド名も無くロゴもない物が店頭に売り出されているとどれを選んでいいのか分からないので普段愛用している商品の似た物を購入してしまう恐れがあります。

その間違いを無くすために商品名が必要となってきます。

商標権の力とは消費者が間違って商品を買わないようにという力があると覚えておくといいですね!

 

もしこの商標権がなければ、同じ商品名で偽物が出回り本家の健全な経済活動を阻害する恐れがあります。

 

あなたがコカ・コーラを飲みたいと思っているのに、飲んでみたらただの水だったとか嫌じゃないですか?

あの炭酸のシュワシュワを楽しみむ為に自販機でコカ・コーラのボタン押したのに・・・と

このように企業イメージを損なわないように誰でも勝手に商品名やロゴを使うから守るためにあるのが「商標権」です。

では次にAmazon出品で商標権を持つ商品に相乗りしてしまった場合にどうなるのかの事例を解説していきます。

Amazonで商標権を侵害した場合の事例は?

Amazonに出品している商品で商標権を持っている商品に相乗り出品を1度だけ僕はやってしまったという経験があります。

本当笑いごとでは済まされないのですが、その時は相乗りした商品を警告もなしに強制出品停止にされました。

 

初回だったこともあり、自身の出品アカウントは停止にはならなかったのですがこれがあまりにも悪質な場合はあなたの出品用アカウントが停止になる可能性が非常に高いので要注意です!

 

ちなみにテクサポのお姉さんに商標権侵害について聞いてみましたが、この商標権侵害を1回目からいきなりアカウント停止になることはほとんどないとのことでした。

ただ、これはあなたのセラーパフォーマンスが良い状態の場合に限るみたいです。

あなたが扱う商品が返品率が高いや評価が低いなどと重なって商標権を侵害してしまうと初回だろうとアカウント凍結させられる可能性もありますので健全なショップ運営を心がけましょうね!

商標権の調べ方

ブックマーク推奨サイトの記事でも紹介しているサイトでリサーチしている商品が商標権を持っているかの確認ができます。

【関連記事】

特許情報プラットフォームの上記のページを開いたら赤枠で囲ったところを「商標を探す」を選択します。

検索欄に調べたい商標名を入力して検索します。

 

上でも例で出した、コカ・コーラと入力をして検索をしてみるとヒット件数3件と出てくるので一覧表示を押してみましょう!

続いて一覧表示を押してみると、各登録番号やロゴ画像が表示されます。

青文字になっている登録番号をクリックするとさらに詳細に情報を確認することができます。

最後に

知らないでは済まされない商標権について今回は解説していきました。

あまりこの内容に関してはビビらなくてもいいと思いますが、是非リサーチをする前に商標権を取得しているのかなと癖をつけていってください。

商標権を確認する癖がついたら相乗り出品時に僕みたいに強制出品停止になることはなくなりますので!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。