X-STOCKのインストールのやり方と使い方を解説

どうもコッシーです!

以前に輸入ビジネスにおすすめのChromeの拡張機能を紹介していきました。

【関連記事】

今回は、前述した記事の中でも紹介したX-STOCKのインストールのやり方と使い方を解説していきます。

この拡張機能はライバルセラーの在庫数や在庫変動を把握することが可能なので定点観測をする作業効率が大分上がりますのでAmazonを販路と考えている人は是非導入していきましょう!

まずはインストールから紹介していきます。

X-STOCKのインストール方法

まずはGoogleのウェブストアから「X-Stock」を探しましょう。

見つからない場合は下記リンクよりインストール先へと進んでみてください。

X-Stockのインストールはこちら

 

画面が開くと「右上にChromeに追加」とあるのでそこをクリックしてみてください。

続いてポップアップで追加しますかと表示されるので、「拡張機能を追加」を選択します。

すると先ほどは「Chromeに追加」となっていたのが「Chromeに追加済み」と変わっているのが確認できると思います。

 

これでX-StockをGoogleChromeにインストールは完了です。

次は使い方をみていきましょう!

X-Stockの使い方

今回はこの玉ねぎのお茶ですかね??

この商品で使い方をみていきましょう!

赤枠内の「新品の出品」をクリックしましょう!

画面が切り替わると赤枠で囲った数字が在庫数となっています。

※在庫の確認をするのはFBAを利用している人だけで問題ないです。

自己出荷の場合は自由に在庫を変動できるので参考にできない為です。

 

赤枠の在庫数の横に在庫履歴と青文字であるのでそこをクリックするとそのセラーの在庫変動画面へと切り替わります。

セラーごとに棒グラフで在庫の変動が確認が出来るのと、グラフの下には数値でどれぐらい在庫が変動しているかも確認できます。

 

グラフからデータを読み取りにくいと場合は、数値からデータを読み取ってみると簡単ですのでおすすめします。

最後に

あなたがリサーチした商品が本当に売れるかの根拠は既に販売しているセラーの在庫変動を参考にしてみてください。

どうしても最初の買い付けは不安という声もよく聞くので、こういった確かなデータを根拠にすることで自分のリサーチした商品は売れるんだという確信にもつながりますので地味な作業ですが販売力をつけるためにもデータを読み解く力も養っていきましょうね!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在副業で実践しているブログや輸入ビジネスでは本業の月収を上回る報酬を得ています。 サラリーマンの方や主婦の方たちに、在宅ワークでも稼げるネットビジネスの可能性を発信していきます。